会の役割

地域全体の医療チームとして糖尿病を早期に発見し合併症の進行を食い止めることを目的に、中信地域で働く医療従事者(看護師、准看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、あるいはこれらに準ずる医療従事者)を対象に糖尿病の知識だけでなく、有効な療養指導の仕方についても学んでいただきます。

講習会・資格認定試験の実施

中信地域糖尿病療養指導士を育成するための講習会、資格認定試験を行います。
講習会は年5回実施し、講習会を受講された方を対象に、資格認定試験を年1回実施します。

about_img01_2023

資格更新

資格更新は5年ごとに行います。
資格取得後には、下記のいずれかの指定集会に5年間で4回以上の参加が必要です。

  1. 中信地域糖尿病療養指導士育成会主催のスキルアップセミナー
  2. 日本糖尿病学会糖尿病学の進歩(2月または3月)
  3. 日本糖尿病学会年次学術集会(5月)
  4. 日本糖尿病協会年次学術集会(7月)
  5. 長野県CDE研究会(10月)

ただし、4回のうち2回以上は中信地域糖尿病療養指導士育成会主催のスキルアップセミナーに参加することが必要です。
いずれも、資格更新時に参加証明書(2,3,4,5はコピーも可)の提出が必要ですので、大切に保管してください。

about_img02

ページのトップに戻る