講習のご案内

我が国においては、2016年の国民健康・栄養調査で、糖尿病の疑い、もしくは可能性が否定できない人がおよそ2,000万人とされており、合併症で苦しむ人は未だ後を絶ちません。糖尿病を早期に発見し合併症の予防・進行を食い止めるためには、地域全体として多くの医療従事者が積極的に関わる 予防活動が必要となります。

すでに、この目的を達成するために、日本糖尿病療養指導士(CDE-J)の資格を持つ多くのスタッフが活躍していますが、その活動の場は病院中心と ならざるを得ません。糖尿病に関心のある医療従事者の研鑽と育成の場を提供するために、中信地域の糖尿病診療に携わる医師、糖尿病看護認定看護師、CDE-Jの協力で2012年、中信地域糖尿病療養指導士育成会を立ち上げることができました。これまでに200余名の中信地域糖尿病療養指導士が誕生し、すでに地域において活躍されております。より多くの方々に参加していただき、病院だけでなく、地域の医療チームとして糖尿病患者を 支えていきたいと考えております。

中信地域で働く医療従事者で、糖尿病に関する知識や技術を身につけたい方、知識や技術の向上を目指す方、糖尿病に関して地域のために役立ちたいと思っている方は、是非、資格取得にチャレンジしてください。

資格取得の流れ

中信地域糖尿病療養指導士の資格は、以下の流れで取得することができます。
中信地域糖尿病療養指導士を育成するための講習会、資格認定試験を行います。
講習会は年5回実施し、講習会を受講された方を対象に、資格認定試験を年1回実施します。

about_img01_2019

講習会の日程

2019年9月〜2020年1月までの5回開催

受付開始時間:12時30分〜
講習時間:13時〜16時20分
場所:信州大学医学部附属病院 外来棟4階中会議室

中信地域糖尿病療養指導士育成講習会 講習日程・内容・講師

第1回
9月8日
(日)
13:00〜13:10
(10分)
13:10〜14:30
(80分)
14:40〜15:25
(45分)
15:35〜16:20
(45分)
オリエンテーション 糖尿病療養指導士の役割・機能 糖尿病の検査 運動療法
  糖尿病総論 等    
講師:臨床検査技師 講師:医師 講師:臨床検査技師 講師:理学療法士
第2回
10月20日
(日)
13:00〜14:00
(60分)
14:10〜15:10
(60分)
15:20〜16:30
(70分)
食事療法 薬物療法 経口血糖降下薬 薬物療法 注射薬
     
講師:管理栄養士 講師:薬剤師 講師:薬剤師
第3回
11月10日
(日)
13:00〜14:40
(100分)
14:50〜15:50
(60分)
16:00〜16:20
(20分)
心理と行動 指導の基本 症例ファイルより
    症例の書き方
講師:看護師 講師:薬剤師 講師:薬剤師
第4回
12月8日
(日)
13:00〜14:30
(90分)
14:40〜16:10
(90分)
 
大血管障害 ライフステージ  
メタボリックシンドローム 等    
講師:医師 講師:看護師  
第5回
1月13日
(月)
13:00〜14:30
(90分)
14:40〜16:00
(80分)
16:00〜16:10
(10分)
急性合併症 特殊な状況・病態 申請・更新等のオリエンテーション
細小血管障害    
講師:医師 講師:薬剤師 講師:看護師

講師の職種は、医=医師、看=看護師、薬=薬剤師、栄=栄養士、検=臨床検査技師、理=理学療法士


資格認定試験   2020年3月1日(日)
場所:信州大学医学部附属病院外来棟4階中会議室

講習会の参加要綱

1.場所

講習会
信州大学医学部附属病院 外来棟4階 中会議室

2.参加申込み

受講申込書を育成会事務局へ郵送もしくはfaxしてください。また、受講料を育成会(下記)口座に振り込んでください。
受験申し込み期間は7月1日(月)より8月9日(金)までです。
また、受講申し込みをされた方には、後日資格認定試験の必要書類をお渡しします。

3.受講料

講習会は5回分まとめて7000円を先に振り込んでください。
日本糖尿病療養指導士の資格を持っている方は3500円となります。
※別途受験料2000円、認定料3000円が後日必要になります。

振込口座
八十二銀行信州大学前支店
種類  普通  834948
名義  中信地域糖尿病療養指導士育成会

4.研修内容

テキストとしては『糖尿病療養指導ガイドブック 2019』(メディカルレビュー社)を使用します。認定試験の出題範囲もこの範囲で行います。

未受験者、資格取得者の再講習について

2019年度より、受講された年に受験されなかった方、資格を取得したがもう一度講習を受けたい方は、1回500円で再受講できるようになります。
人数の把握のため、講習会の1週間前までに受講希望のメールを事務局に送ってください。
受講料500円は当日徴収いたします。

認定試験の受験資格

中信地域糖尿病療養指導士認定試験の受験資格者は以下になります。
medical_Person

  1. 中信地域に就労している看護師、准看護師、保健師、管理栄養士、薬剤師、臨床検査技師、理学療法士、あるいはこれらに準ずる医療従事者で特に地域糖尿病療養指導士育成・認定委員会の許可を得た者。
  2. 過去10年間で2年以上、糖尿病患者もしくは境界型耐糖能異常の人の療養指導に携わった経験のあること(所属長の証明で可)。
  3. 中信地域糖尿病療養指導士育成会が主催する育成講習会について、単年度に5回のうち4回以上の出席をしていること。ただし受験前年度までの受講は有効とします。受講の際に受付にて受講証明書に受講印を捺印してもらい大切に保管してください。

認定試験要綱

資格認定試験 2020年3月1日(日)

1.認定試験の場所

信州大学医学部附属病院外来棟4階中会議室

2.必要書類(2020年1月17日消印有効)

ア 中信地域糖尿病療養指導士 受験申込書
イ 糖尿病療養指導業務に従事した証明書
ウ 糖尿病療養指導自験例の記録(5症例分のレポート)
エ 受講証明書(講習会出席の捺印のあるもの)
オ 医療職免許証のコピー

3.受験料

1月17日までに受験料2,000円を指定の口座に振り込んでください。

振込口座
八十二銀行信州大学前支店
種類  普通  834948
名義  中信地域糖尿病療養指導士育成会

4.認定試験までの流れ

期日 受験者
2019年8月9日 講習会受講希望者は事務局宛に申し込み用紙を郵送またはfax
受講料7,000円振込み

2019年9月〜2020年1月

講習会受講(受験には5回のうち4回以上の受講が必要)
1月17日 認定試験受験書類提出 受験料2,000円振込み
2月7日 受験票郵送
3月1日(日) 認定試験
3月末日 合否の通知

5.2018年度に受講し、認定試験を受験しなかった方について

2018年度の受講証明書を持ち越しで使用し、2019年度と合わせて4回以上の受講が認められれば、受験資格が得られます。本年度の受講が必要な場合、受講料7,000円を新たに振り込んでください。

6.日本糖尿病療養指導士(CDE-J)有資格者の扱いについて

  1. 日本糖尿病療養指導士(CDE-J)有資格者で中信地域糖尿病療養指導士の資格取得を希望される方は認定試験を免除されます。
  2. ただし、中信地域糖尿病療養指導士育成会が主催する育成講習会に、単年度に5回のうち4回以上、または前年度と合わせて4回以上出席することが条件です。
  3. 書類としては
    ア 中信地域糖尿病療養指導士 認定申請書
    イ 糖尿病療養指導自験例の記録(5症例分のレポート)
    ウ 受講証明書(講習会出席の捺印のあるもの)
    エ CDE-J認定証のコピー
    を1月17日までに事務局宛てにお送りください。

7.資格授与と資格更新

  1. 中信地域糖尿病療養指導士認定試験に合格した方、CDE-J有資格者で中信地域糖尿病療養指導士に認定された方は認定料3,000円を納めてください。それと引き換えに認定証をお送りします。
  2. 中信地域糖尿病療養指導士の資格は5年ごとに更新しなければなりません。5年を過ぎて更新しない場合は資格を失います。
  3. 中信地域糖尿病療養指導士の更新用件は以下の3点です。
    1. 資格取得後5年間のうち最低2年間は中信地域の糖尿病療養指導に従事していること(所属長の証明で可)。
    2. 資格取得後には、下記のいずれかに5年間で4回以上の参加が必要です(2016年度より規則改定しました)。
      1.中信地域糖尿病療養指導士育成会主催のスキルアップセミナー
      2.日本糖尿病学会糖尿病学の進歩(2月または3月)
      3.日本糖尿病学会年次学術集会(5月)
      4.日本糖尿病療養指導学術集会(7月)
      5.長野県療養指導研究会(10月)
      ただし、4回のうち2回以上は中信地域糖尿病療養指導士育成会主催のスキルアップセミナーに参加することが必要です。
      いずれも、資格更新時に参加証明書(2,3,4,5はコピーも可)の提出が必要ですので、大切に保管してください。
    3. 5年間で5症例分の療養指導のレポート、および自分がこの地域のために行った活動についてのレポートを提出すること。用紙は受験用書類にあります自験例の記録を用いて下さい。
    4. 認定期間の延長について(2016年度より規則改定しました)
      海外在留や長期病気療養など特別な事情があり更新が不可能となった場合、その事情を記した書類を添付して、認定期間の延長を申請することができます。
      ● 延長の申請ができる「特別な事情」とは
       海外在留
       長期病気療養
       育児休業等(産前・産後休暇、子の養育(1歳6ヵ月まで)も可)
       家族の介護
       糖尿病療養指導に関わらない業務への異動
       進学
       など
      ● 延長機関と手続時期について
       延長の申請は1年毎に2回まで可能です。つまり、最大で2年間延長できます。
      ● 延長申請書
      認定期間5年目に送付する「更新のご案内」に同封いたしますので、記載して事務局へ郵送ください。届きました延長申請書の認定については、理事会で審議の上通知いたします。
  4. 5年毎の認定更新料は、3,000円です。更新のための書類については、該当する方に2019年7月を目安に郵送いたします。2019年11月末日までに書類の提出ならびに更新料の振り込みをお願いいたします。

受講申込書

entry

中信地域糖尿病療養指導士育成講習会へ参加後希望の方は、
左の画像をクリックして申込書をダウンロードして下さい。
ダウンロードした申込書にご記入の上、下記申込先まで郵送、またはFAXにてご送付ください。

〒390-8621
松本市旭3-1-1信州大学医学部内科学
糖尿病・内分泌代謝内科医局内中信地域糖尿病療養指導士育成会事務局

Fax 0263-37-2710

受験用書類(手書き用PDF)

2020年3月1日に行われる認定試験(申込締切:2020年1月17日消印有効)に必要な書類を以下よりダウンロードしてください。

こちらの書類は印刷用PDFファイルです。
ダウンロード後に印刷しすべての項目に自筆でご記入ください。
パソコン上で項目入力が可能な「入力フォーム付きPDFファイル」はこちらでダウンロードしていただけます。

受験申込書

受験申込書

受講証明書

受講証明書

自験例の記録

自験例の記録

従事した証明書

従事した証明書

認定申請書(CDEJをお持ちの方)

認定申請書(CDEJをお持ちの方)

受験用書類(入力可能PDF)

2020年3月1日に行われる認定試験(申込締切:2020年1月17日消印有効)に必要な書類を以下よりダウンロードしてください。

2019年度受験用書類(入力可能PDF)
pdf

こちらの書類はadobe readerでデータ入力が行える「入力フォーム付きPDFファイル」です。
圧縮ファイルをダウンロード後にパソコン上で展開してご利用下さい。

入力できる項目は文字のみとなります。選択項目(○付け)については印刷後に自筆でご記入ください。
ご不明な点につきましてはお問い合わせください。

ページのトップに戻る